防音対策

窓の防音対策で静かで健康的な暮らしを実現

交通機関の近くやマンションなどの集合住宅にお住まいの方にとって、騒音は深刻な問題です。生活するうえでのストレスになりうることで、精神状態の悪化を招くことも考えられます。また、騒音が原因で近隣の方とトラブルに発展してしまうというケースも……。

こちらのページでは、神奈川を中心に関東で窓リフォーム・修理を行う「株式会社フレーム」が防音対策のポイントをご説明します。音を遮断することでさまざまなメリットがあります。

騒音ストレスをなくして快適・快眠

「隣の住民の生活音がいつもうるさい……」
「夜なのに外が騒がしくて、よく眠れない……」
上記のように騒音に悩まされ、日常生活に支障が出ている方も少なくないはずです。騒音元に直接注意することで改善されるケースもありますが、それが原因となって近隣トラブルに発生する場合もあります。

簡単に解決できない問題なだけに、放置してしまう方も多いようですが、放っておくことで睡眠不足などの健康被害にまで発展する可能性があります。できるだけ早いうちに防音対策を行いましょう。

防音対策を行うことで騒音によるストレスや睡眠不足などを解消できるケースもあります。また、外部からの音を遮断するだけではなく、ピアノの音や子どもの声、ペットの鳴き声など、室内から室外に漏れる音にも有効な対策となります。

防音対策の2つのポイント

防音対策の1つ目は、窓の改善です。車や電車の騒音、楽器の音漏れなども、窓ガラスの防音対策をするだけで大きな効果が期待できます。内窓をプラスして二重窓にすることを検討してみましょう。二重窓を設置する際には、防音性能の高い窓やガラスに交換すると、さらに有効です。

2つ目は、部屋全体に防音対策を施すこと。家を建てるときであれば、室内の壁・天井・床の素材に防音・吸音効果のある素材を選ぶとよいでしょう。また、音を出す側としては、テレビなどの音源を壁にぴったりと付けない、音源の下に布などを敷く、防音カーテンを付けるといった近隣の方に対する配慮も大切です。

防音対策になる窓選び

防音対策としては内窓を設置するだけで騒音が40dBもダウンします。さらに、ガラスの厚さを変えたり、防音タイプのガラスに交換したりすることで、室内に入ってくる音を希望するレベルにまで下げることができます。

防音タイプのガラスとして、「異厚複層ガラス」をご紹介します。異なる厚さの複層ガラスで、高い遮音効果が期待できます。外からの騒音をカットするとともに、室内の音漏れを防止。「異厚複層ガラス」に断熱サッシを組み合わせることによって、遮音性も一段とアップします。当社では、お住まいの周辺の騒音レベルや、居室、寝室など、お部屋の目的に合わせて最適な窓リフォームをご提案します。