断熱対策

窓の断熱対策は電気代の節約につながります

「冷房にしてもなかなか冷えない」「暖房が効きにくい」といったお悩みはありませんか? 夏は暑く、冬は寒いという生活しにくい住環境は、窓の断熱性の悪さが原因となっているのかもしれません。

こちらのページでは、神奈川を中心に関東で窓リフォーム・修理を行う「株式会社フレーム」が断熱対策のポイントをご説明します。断熱するめには、室内外の温度差を少なくする窓やガラスを選ぶことが大切です。

窓を断熱することで夏も冬も快適な生活を

冬場、暖房器具を使って部屋の中を暖めていても、窓の方からヒンヤリした冷気を感じることはありませんか? また、夏場の強い直射日光の影響で窓際が非常に高い熱を持っていることはないでしょうか。

窓は外気温の影響を受けやすい場所です。室内の熱は、主に窓から逃げ出していきます。調査によると、建物全体の熱移動のうち窓からは、夏に71%、冬に48%もの熱が出入りしているそうです。つまり窓に断熱対策を施すことによって、室内を冬は暖かく、夏は涼しい快適な環境を保ちやすくなるといえます。冷暖房効率のよい快適生活を送るために、窓の断熱対策を考えましょう。

人は窓の温度を感じながら暮らしています

人は生活しているうえで、室温はもちろんのこと、周囲の壁や天井、窓などの温度を肌で感じながら生きています。壁や窓などの表面温度の平均値を「平均輻射温度」といいますが、この「平均輻射温度」と室温との平均値が人にとっての体感温度にあたります。

いくら部屋を暖かくしても、周りの温度が冷え切っていると体感温度は下がってしまうのです。例えば、室温を20度に暖めても、平均輻射温度が14度だと、体感温度は17度になります。特に窓は、外気と接しており、影響を受けやすい部分。屋外の空気が冷たいと窓も冷え切ってしまうので、「暖房が効かない」と感じるのです。

断熱を考えた窓選び

窓を断熱することで、屋外の気温の影響を受けにくくなり、夏も冬も快適に過ごせます。また冷暖房効率がよくなることで、光熱費の節約にもつながります。つまり、少ない冷暖房エネルギーで済むので、地球環境にも優しくエコ対策にもなるというわけです。

屋外の暑さ寒さの影響を最小限に抑えるためには、断熱を考えた窓やガラスを選ぶようにしましょう。プラスチック素材を取り入れた断熱窓に交換するのも一つの手です。また、現在の窓の内側に窓を取り付けて二重窓にして空気の層をつくったり、窓ガラスを複層ガラスという断熱性にすぐれたガラスに交換したりする方法もあります。これらの対策を施すことで、一年を通して屋外の気温の影響を受けにくい窓にすることができます。